現場日記 - 2012年6月22日 助九郎町の町家

2012年6月22日 助九郎町の町家

カテゴリ : 
町家修復 » 助九郎町の町家
執筆 : 
610 2012-6-22 14:00

二階の天井板を外し、小屋裏を調査すると、現状の屋根(右上部茶色の部分)の下に、別の屋根下地(黒くすすけている部分)が見つかる
下段の黒くすすけている屋根下地が、当初の木羽葺き石置き屋根のもので、現状の瓦屋根は、後の改修によるものとわかった


木羽葺き石置き屋根下地
勾配は約2寸8分




立面をスケッチする金沢工業大学院生





庭で調査する金沢工業大学院生




 (金沢市野町 伝統環境地区 建築年:明治期)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://mutosekkei.sakura.ne.jp/modules/d3blog/tb.php/228