現場日記 - 助九郎町の町家カテゴリのエントリ

2013年4月6日 助九郎町の町家

カテゴリ : 
町家修復 » 助九郎町の町家
執筆 : 
610 2013-4-6 10:50

修理前 外観







竣工 外観
1階外壁位置を当初の位置にまで後退させ、庇下の空間を再現した
同時に、正面下がりを復原


 (金沢市野町(旧助九郎町)伝統環境保存地区 建築年:明治初期以前)

2013年2月22日 助九郎町の町家

カテゴリ : 
町家修復 » 助九郎町の町家
執筆 : 
610 2013-2-22 17:10

外部足場が架かる





元の位置に復原した階段






階段を二階から見る





二階、6畳
根太、床板を張り替える




二階から南面を見る
根太を撤去した状況

 (金沢市野町(旧助九郎町) 伝統環境保存地区 建築年:明治期) 

2013年2月15日 助九郎町の町家

カテゴリ : 
町家修復 » 助九郎町の町家
執筆 : 
610 2013-2-15 18:20

店の間北面
荒壁塗り



WC西面
荒壁塗り



廊下南面
荒壁塗り



 (金沢市野町 伝統環境保存地区 建築年:明治期)

2013年1月23日 助九郎町の町家

カテゴリ : 
町家修復 » 助九郎町の町家
執筆 : 
610 2013-1-23 14:30

通り庭、茶の間の柱と間仕切壁を撤去し、二階床梁を見上げる
梁下端に柱枘穴は無く、この柱が後付であることが確認できる



便所の軸組が完了




 (金沢市野町 伝統環境保存地区 建築年:明治期)

2013年1月17日 助九郎町の町家

カテゴリ : 
町家修復 » 助九郎町の町家
執筆 : 
610 2013-1-17 11:20

1階内部の状況
北面を見る
柱の根継部分(新材)は、古色を塗った



便所の基礎石が施工された



 (金沢市野町 伝統環境保存地区 建築年:明治期)

2013年1月16日 助九郎町の町家

カテゴリ : 
町家修復 » 助九郎町の町家
執筆 : 
610 2013-1-16 11:10

正面に掛かった看板





通り庭、茶の間境の壁
柱脚、柱頭の状況から、建築当初のものではないことが分かっている


 (金沢市野町 伝統環境保存地区 建築年:明治期)

2013年1月11日 助九郎町の町家

カテゴリ : 
町家修復 » 助九郎町の町家
執筆 : 
610 2013-1-11 11:00

1階の内部の状況
柱不陸修正完了



店の間北面の柱
金輪継で根継をしたところ






奥の便所部分
地墨を打つため、シートで仮設の屋根を架ける



既存の通り庭、玄関から奥方向を見る




通り庭の土間を撤去すると、柱礎石の切石が左の柱下で止まっており、これより右の通り庭の柱の基礎は玉石であった
従って、通り庭は当初なく、茶の間の床が広がっていたと考えられる
(写真は色調補正をして、その境を分かり易くしてある)

 (金沢市野町 伝統環境保存地区 建築年:明治期)

2012年12月27日 助九郎町の町家

カテゴリ : 
町家修復 » 助九郎町の町家
執筆 : 
610 2012-12-27 10:50

改修工事が着工した
柱の不陸修正、建て起しを行う







 (金沢市野町 伝統環境保存地区 建築年:明治期)

2012年7月20 助九郎町の町家

カテゴリ : 
町家修復 » 助九郎町の町家
執筆 : 
610 2012-7-20 16:30

構造材を調査し、伏図を作成する金沢工業大学院生





基礎を調査するため、荒床に番付を打って床を解体する


 (金沢市野町 伝統環境保存地区 建築年:明治期)

2012年6月22日 助九郎町の町家

カテゴリ : 
町家修復 » 助九郎町の町家
執筆 : 
610 2012-6-22 14:00

二階の天井板を外し、小屋裏を調査すると、現状の屋根(右上部茶色の部分)の下に、別の屋根下地(黒くすすけている部分)が見つかる
下段の黒くすすけている屋根下地が、当初の木羽葺き石置き屋根のもので、現状の瓦屋根は、後の改修によるものとわかった


木羽葺き石置き屋根下地
勾配は約2寸8分




立面をスケッチする金沢工業大学院生





庭で調査する金沢工業大学院生




 (金沢市野町 伝統環境地区 建築年:明治期)