現場日記 - 寺社カテゴリのエントリ

2012年1月19日 高岸寺

カテゴリ : 
寺社 » 高岸寺本堂及び鐘楼
執筆 : 
610 2012-1-19 16:30

天井板を並べて破損調査をする
部分補修をすることで、再使用可能なものが多い




祠堂の棚の復原が進んでいる


 (金沢市寺町 金沢市指定文化財 建築年:江戸期)

2011年12月22日 高岸寺

カテゴリ : 
寺社 » 高岸寺本堂及び鐘楼
執筆 : 
610 2011-12-22 21:50

戦争中に鐘楼の鐘を供出し、そのままとなっていた
鐘楼の修理工事を機に、鐘を復元し、今日はその鐘を搬入する日



レッカー車で鐘を吊り上げ、素屋根の一部を開けて鐘楼内部に吊り込む
今日は、一日中強い雨降りだったが、鐘の搬入の時だけやんだ



鐘楼内部に仮置きされた吊鐘
松煙などを混ぜた蝋で養生してあるため、黒々としている
重さは約600kg

 (金沢市寺町 金沢市指定文化財 建築年:江戸期)

2011年12月20日 高岸寺

カテゴリ : 
寺社 » 高岸寺本堂及び鐘楼
執筆 : 
610 2011-12-20 21:10

軒先端口の茅負(かやおい)、裏甲(うらごう)
二つの部材に残る和釘の痕跡を位置合わせすると、端部で3寸5分のずれがでた
このことから、屋根の改造が行われた時に、裏を端部で切断し、内側にずらしたことが分かる

裏甲の上部に残る和釘の痕跡
約5寸ピッチに釘跡があることから、この上部に5寸幅の軒付があったことが分かる


北東面(犀川側)の破風、妻飾り
南西面(正面)の妻飾りと較べ、下部の水切りと、格子一段が切られている



破風の下端から6寸5分が瓦上部となっていた
当初は、屋根仕上げの上に破風があったはずで、屋根の改造の際、破風が下がり、屋根仕上げも、木羽から瓦に変えられたと考えられる

 (金沢市寺町 金沢市指定文化財 建築年:江戸期)

2011年12月19日 高岸寺

カテゴリ : 
寺社 » 高岸寺本堂及び鐘楼
執筆 : 
610 2011-12-19 21:00

大梁、隅木を解体したところ




解体した化粧垂木の破損調査を行う
そのまま再使用、部分修理、取替えについて一本づつチェックする



四隅の柱上部の組物
解体して、再使用できる部材を組合わし、傷みが著しい部材は取替える

 (金沢市寺町 金沢市指定文化財 建築年:江戸期)

2011年12月16日 高岸寺

カテゴリ : 
寺社 » 高岸寺本堂及び鐘楼
執筆 : 
610 2011-12-16 20:40

南西部上部から
垂木、棟木、母屋を解体したところ



釣鐘を受ける大梁の端部
仕口は棟束に長枘差し鼻栓留め



北東から



 (金沢市寺町 金沢市指定文化財 建築年:江戸期)

2011年12月15日 高岸寺

カテゴリ : 
寺社 » 高岸寺本堂及び鐘楼
執筆 : 
610 2011-12-15 14:50

野垂木と化粧裏板を取り外したところ
化粧垂木、小舞、茅負、裏甲は和釘が使用されており、建築当初の部材と考えられる


化粧裏板を地面に下ろし、破損の調査を行う



 (金沢市寺町 金沢市指定文化財 建築年:江戸期)

2011年12月14日 高岸寺

カテゴリ : 
寺社 » 高岸寺本堂及び鐘楼
執筆 : 
610 2011-12-14 15:10

野垂木の解体が進む




野垂木の解体が完了




梁の中央に懸かる鐘の受け金物



 (金沢市寺町 金沢市指定文化財 建築年:江戸期)

2011年12月13日 高岸寺

カテゴリ : 
寺社 » 高岸寺本堂及び鐘楼
執筆 : 
610 2011-12-13 14:50

小舞を撤去し、垂木が現れた状態




垂木は丸釘で留められており、当初の材ではない
屋根を修理した時の部材で、大正期だろうか


 (金沢市寺町 金沢市指定文化財 建築年:江戸期)

2011年12月12日 高岸寺

カテゴリ : 
寺社 » 高岸寺本堂及び鐘楼
執筆 : 
610 2011-12-12 14:40

鐘楼の屋根の解体が始まる
すべての部材に番付け札が打たれる



瓦下地のアスファルトルーフィング、合板を撤去すると、木端板が現れる




木端板を撤去したところ



 (金沢市寺町 金沢市指定文化財 建築年:江戸期)

2011年12月10日 高岸寺

カテゴリ : 
寺社 » 高岸寺本堂及び鐘楼
執筆 : 
610 2011-12-10 14:40

寺町通りから素屋根の掛かる修理現場を見る




土塀越しの修理現場




修理が完了した祠堂の床下




 (金沢市寺町 金沢市指定文化財 建築年:江戸期)