現場日記 - 角海家住宅及び土蔵カテゴリのエントリ




棟名:塩物蔵
各石に付けた番付をもとに石積みし、元の姿に戻す
真ん中奥に立っている解体前の写真も参考にして、時間をかけて組み合わせていく





棟名:小豆蔵
壁の小舞下地が完了したところ
この後荒壁を塗る
 (輪島市門前町黒島)


棟名:小豆蔵
外壁の小舞掻きがほぼ完了 





棟名:米蔵
2階内観
小舞掻きがほぼ完了

 (輪島市門前町黒島)

定点撮影
主屋:礎石の敷設
家財蔵:戸前の建て方
塩物蔵:基礎埋め戻し
小豆蔵、米蔵:土壁の小舞掻き
 (輪島市門前町黒島)

定点撮影
家財蔵の足場は撤去された
基礎石の据付、塩物蔵の基礎の根切工事、米蔵の小舞下地を施工中







棟名:家財蔵
家財蔵は足場が外され、北側の景観も元に戻った
ここから見える壁(西面、北面)はすべて既存の下見板を使用して復原した
 (輪島市門前町黒島)





家財蔵(右側奥)の素屋根を解体する
25tレッカーを使用
1年3ヶ月ぶりで姿を現すことになった
 (輪島市門前町黒島)

棟名:米蔵、小豆蔵
小豆蔵(右側)を曳き家して、基礎工事の完了した元の位置に納めたところで、この後塩物蔵の基礎工事にとりかかる(右奥)

 (輪島市門前町黒島)

角海家の類例調査のため、中谷悦二家を訪れる。
外観にかなり類似点がある。






かまど周りも類似点が多い。
但し、柱の納まりなど相違しているところもある。

 (輪島市門前町黒島)

昨日からの雨で、現場の雪はすっかり溶けた。
小豆蔵の基礎石の敷設と埋め戻しが終わり、明日から東側に一時移設されていた小豆蔵を、元の位置に曳き家する準備が始まる。






材料の保管庫で、傷みの激しい柱の根継ぎをしているところ。

 (輪島市門前町黒島)

積雪約30cm、この現場が始まって以来最も積もった。
風はいつもほど強くないが、現場は雪に埋もれてお休みです。
因みに金沢の積雪は10cm程度。
 (輪島市門前町黒島)

棟名:主屋
地中梁敷設後の埋め戻しが完了。
礎石据付の準備を行っているところ。
能登の職人は色んな仕事をこなす。雨風のなかご苦労さまです。



棟名:家財蔵
瓦葺きが完了。現在、外壁下見板の取り付けが行われている。
強い風のため素屋根を支える足場が揺れ、3階最上部の足場の上にいると酔いそうになる。
ここはいつも台風のような風が吹いている、と現場の人は言っていた。
 (輪島市門前町黒島)