現場日記 - 201009のエントリ

2010年9月3日 つちや

カテゴリ : 
町家修復 » つちや
執筆 : 
610 2010-9-3 21:00



外部に足場が架かる







正面庇の銅板をめくると、野地板の下に木羽葺きが残っており、瓦桟の痕跡からも、当初は瓦葺きであったことが分かる


 (金沢市主計町 重伝建地区 建築年代:大正初期)

2010年9月3日 高岸寺

カテゴリ : 
寺社 » 高岸寺本堂及び鐘楼
執筆 : 
610 2010-9-3 17:40


基壇の上に塗られていたモルタルを剥がす
赤戸室石が使われていたが、向拝の左右に笏谷石(しゃくだにいし、越前石ともいう)が敷かれていた





モルタルを剥がした後、各石に番付を打ち調査する


 (金沢市寺町 金沢市指定文化財 建築年:文久元年(1861))


襖を保存している表具屋さん「袖浦恵雅堂」(門前町)に行き、襖の修理方法について検討する

仏間の襖、砂子(金銀の箔の細かい粉)で雲模様をつけてある




中央:望楼の間の襖、「置きあげ」(胡粉の型押し)という手法で、五七の桐の模様を付けている
左:座敷の襖、型抜きした模様に漆を塗ってある
傷みが激しいので、貼り替えのため京都、東京を探したが、現在どこにも作られていないとのこと
高級で貴重な紙なので、使える部分を集め、引き違いの襖2枚にこの紙を残すことにする